新型コロナウィルスによる我慢が続きますがみんなで乗り切りましょう。

占星術の中で最も有効な手法とは?

占星術(占い)については、これまた、実にたくさんの手法があります。

西洋占星術、コーヒー、カバラ数秘、タロット、動物、姓名判断など枚挙に暇がありませんね。

そもそも、占いには将来の出来事や今日の運勢、方角、相性などいろいろな目的を達成するべく、各手法が存在しています。

私はその中でも、特に人と人との相性関係について占うことが出来る手法こそが真に有効な手法であると考えています。

今日の運勢や将来の出来事などを予測することも確かに有用ではありますが、そもそもの話、人間は他の人間と関わらずには生きていけない存在。

また、人生の多くが、不測の事態よりも、今日明日出会う人たちとの関係で左右されていくという現実からみて、人間関係における相性を鑑定できる手法こそが、現代において最も有用な占い手法であると考えるからです。

そんな、自分とある特定の人との相性関係を占うのに最も客観的で的中率の高いのが、「宿曜(しゅくよう)占星術」と呼ばれる手法です。

あまりなじみのない名前ですが、かつてインドから中国を経て、空海(弘法大師)によって日本に伝えられた手法であり、現在では東洋占星術に位置付けられています。

この手法は、人間だれしも持っている「生年月日」から、それをもとにしてただ1つだけ決定される宿(しゅく・やど)と呼ばれる27個の個性をもって、その人の性格や気質、そして適している職業などを統計学的に割り出したものです。

また、その人の宿と他の27宿との相性関係も大きく6通りに定式化(正確にはこの6つのうちの4つの相性関係は、さらに近距離、中距離、遠距離の3つが設定されており、結果的に4×3+2=14通り)されており、世の中の無数に存在している人間関係の全ては、ほぼこの手法にて説明がついてしまいます。

ちなみに、私はこの宿曜占星術のアドバイザーの資格を持っております。

以下、この手法について可能な限り分かりやすくご説明したいと思います。

最新情報をチェックしよう!
>テーマ関連動画のご紹介

テーマ関連動画のご紹介

 ブログの記事だけではイマイチ理解が出来ないと言う方の為に、今後関連する動画を作成予定です。是非ご参考にしていただければ幸いです。また、商用目的での公開ではありませんので、広告掲載などのお問い合わせはご遠慮ください。

CTR IMG