新型コロナウィルスによる我慢が続きますがみんなで乗り切りましょう。

声はどこから出すのか・・・(超重要)。

みなさん、声は一体どこから出すのでしょう。

ほとんどの人が、「それは喉からだよ」と答えると思います。

だから、ほとんどの人が、喉を鍛えれば声が自在に出ると考えていることと思います。

もっと具体的に言うと、喉にある「声帯」をとにかく鍛えることで、どんな声でも自在に出せるようになるという考え方です。

しかし、それは半分以上間違いです。

確かに、歌声は肺の方から気管支を通って供給された空気が、声帯によって振動を与えられ、それが喉を通って、鼻や口、喉の空間でさらに共鳴されて増幅されることで出ているのです。

声帯は、左右に開閉しながら自ら振動して、空気にその振動を与えることで微妙に音階をコントロールしてくれています。

高音の時は声帯はほとんどピッタリと閉じ、低音になるにつれて緩くなって隙間が出来てきます。

しかしながら、声帯ができることは、自らの開閉具合を微妙に調節することで、その間を通っていく空気に振動を与えて流すだけです。

つまり、音の高い低いを大まかにコントロールすることが出来るだけで、それ以外の微妙な音程を調整したり、いわゆる声量とか音量を上げ下げしたり、声の伸びを増幅させるとかまではコントロールできません。

また、声帯はとても傷つきやすく、強い空気を長時間当てられていると疲労してすぐに柔軟性を失ってしまいます。

この辺が勘違いの元となるのですが、大きな声を出すために、声帯を鍛えようとして気管支から出た空気を勢いよく声帯にぶつけるような歌い方をしてしまう人が多いです。

いわゆる「ノド声」という歌い方です。

気管支から声帯を通って、喉へ出る時の空気の量は可能な限り一定の量と圧力にしておかなければなりません。

高い音や大きな音を出すためには、空気の量を増やさないといけないと思ってしまう人が多いのですが、そんなことはありません。

では声量(音量)や音程はどこで調節するかというと、まず、声量はそもそもが腹部の圧力を高めて、空気を高圧力で声帯から喉へと放出してやることで大きくしますし、音程は、腹部の圧力変化に加えて鼻や口、喉などの空間を微調整することで行います。

そう、ここで「共鳴」という意識が必要となってきます。

この「共鳴」とは、鼻や口、喉の空間内での空間の形を変えたり、中の空気の圧力を調整することで、空気の振動を様々な音程や音量に変えることをいいます。

一般的に、空間内の圧力を高めてやれば高い音が、弱めてやれば低い音が発声可能です。

また、共鳴させる場所を移動させることでも、音程を変えることができます。

鼻の付け根あたり、喉の奥あたりなどで共鳴させることで、高い音を出すことが出来ます。

これは、出したい声の質によって使い分けます。

これは、主に舌の根本(いわゆる舌根)の筋肉の滑らかな動きによって操作しやすくなります。

また、音量については、一般的に言って、唇の横の口角を上げて口を大きく縦や横方向に開くことでも上げることが出来ます。

以上から、実際のところ、声帯を通る時の空気の量を調整して音量や音程をコントロールするのではありません。

理想は、あくまで肺から気管支、そして喉(ここでは声帯を通って出た直後の咽頭のこと)への空気の流れる量はある程度一定にしておくことが必要です。

そのために、必要となるのが「腹式呼吸」と呼ばれるものです。

この「腹式呼吸」という概念が、ボイストレーニングを分かりにくくしている一因でもありますが、とても重要な概念ですので正しく理解することが大切です。

みなさんは「湧き水」を見たことがありますか。

川や池、湖の底から水が湧いて出ているものです。

発声においても、空気はあの湧き水と同じように、一定の量が常に供給されていることが理想です。

そのためには肺の下にある「横隔膜(おうかくまく)」という筋肉を使って、湧き水がこんこんとでるように空気を一定に供給してやる技術が必要です。

そして、空気が一定の流れで余裕を持ちながら供給されることで初めて、「声」に「伸び」と「力強さ」、「太さ」が生まれます。

淀みない滑らかな歌い方、どこまでも高く突き抜けていく高音域、深く重みのある低音域、擦れることのない太い裏声(ファルセット)なども、すべてこの「湧き水のような空気の供給技術」があって初めて発声できるのです。

理想としては、どんな歌でも、この湧き水のような空気に乗せて発声させてやるようなイメージで歌うことです。

このような歌い方をしていれば、声帯は過度に疲労することなく、長時間歌い続けても声が擦れてこないようになってきます。

これが出来るようになって初めて、ボイトレ「初心者」は卒業できると言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>テーマ関連動画のご紹介

テーマ関連動画のご紹介

 ブログの記事だけではイマイチ理解が出来ないと言う方の為に、今後関連する動画を作成予定です。是非ご参考にしていただければ幸いです。また、商用目的での公開ではありませんので、広告掲載などのお問い合わせはご遠慮ください。

CTR IMG