新型コロナウィルスによる我慢が続きますがみんなで乗り切りましょう。

基本的なボイストレーニング手法

 私がおススメするボイトレの基礎訓練は次の通りです

①歌う時の姿勢が何よりも大切

 なぜなら、姿勢一つで空気の流れ方が変わり、声まで変わってしまうからです。

 また、物理的に無理な姿勢で歌っていては、出せる声もでません。

 歌うのに理想的な姿勢は、普段あなたがとっている姿勢と若干違うかもしれません。

 そこを認識することが、歌うまへの最大の第一歩です。

②舌根とアゴを柔軟にし、喉の奥を開く

 これは、音程の操作がしやすくなる、歯切れの良い歌声が出せるようになる、各空間を利用して豊かな声が出せるようになるなどの効果があります。

③腹式呼吸の訓練

 力強く伸びのある発声のため➡腹筋で下支えするイメージで口から吐息を行う

④リップロール

 省エネかつ力強い理想的な発声のための、腹式呼吸による空気の出し方を体得

⑤ドギーブレス

 横隔膜を鍛えることで、腹式呼吸による発声を強化安定させ、淀みない(途切れない)発声が可能に。結果として太く力強い声になる。また、ナチュラルなビブラートをかけられるようになる。

⑥口角を上げながらの音階練習

 声量を上げられる、さらには歌いこなせるオクターブ幅を広げる)

⑦声帯の位置と開閉の認識

 「ングング法」により声帯の位置を的確に意識できるようにすることで、共鳴を利用した無理のない高音発声が出来るようになる)

 いずれも、しっかり取り組んでいくことで目覚ましい効果が期待できるでしょう。

 実は声の大きさと体格はほぼ関係がありません。

 横隔膜を使って安定して気管支から出てくる空気に、声帯によっていかに「効率的に」振動を与え、「喉、口、鼻の空洞部分でも増幅できるか」で声の大きさが決まります。

 吐き出す空気に対し、声帯が効率的に振動を与えることができるかどうかは、声帯をいかに「リラックスした程よい緊張状態に保てるか」にかかっています。

 その為には喉の周りは可能な限り「リラックスした状態」に保つ必要があります。

 これは非常に難しい技術ですが、「大きな声量が楽に出せる」状態を追求していくことで感覚が掴めるはずです。

 そして、一番基本となるボイストレーニング方法ですが、一言でいうと、「今出来る発声の仕方を変化させ、理想の歌い方に近づけていく」ということです。

 そのために出発点となるあなたの声が、あなたが楽に出せるいわゆる「地声」と呼ばれている者です。

 地声はあなたが普段使っている声であり、比較的自在に高低をコントロールしたり、かすれさせたり伸ばしたりできることでしょう。

 プロの歌手の歌声を真似て、いきなり2段も3段も上のレベルを一足飛びに目指した気持ちになりがちですが、それでは得られる効果は少ないことを理解しましょう。

 あくまでも今出来ていることを確認しながら、少しずつブラッシュアップして高みを目指していくのです。

 今なら確実に歌えるキーの高さでまず練習する。

 今なら出せるレベルの音程でまず、完璧に歌ってみる。

 それを踏まえ、上記の基本トレーニングを繰り返していきます。

 これは、絶大な効果がありますので肝に銘じておいてください。

 まさに、「急がば回れ」の精神で、土台を確実に積み上げて行って下さい。

最新情報をチェックしよう!
>テーマ関連動画のご紹介

テーマ関連動画のご紹介

 ブログの記事だけではイマイチ理解が出来ないと言う方の為に、今後関連する動画を作成予定です。是非ご参考にしていただければ幸いです。また、商用目的での公開ではありませんので、広告掲載などのお問い合わせはご遠慮ください。

CTR IMG